卵胞ホルモンと黄体ホルモン

もし婦人科の血液検査で現時点での卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が足りず早発閉経(早期閉経)

と分かった場合、不足している分の女性ホルモンを補填する医術で緩期待できます。

BMI(体重指数を算出する式はどの国でも等しく同じですが、
BMI値の位置づけは国ごとにそれぞれ違いがあって、JASSOではBMI22であれば標準体重とし、
25以上を肥満、BMI18.5未満を低体重と定義付けています。

耳鳴りは分類することができて、本人にしか感じられないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、
血液の流れのように本人以外の人にも精度の高いマイクロホンをあてると響いているような
「他覚的耳鳴り」があるのです。

チェルノブイリ原発の爆発事故の数十年に及ぶ後追い調査のデータをみると、
体の大きな大人よりも若い子どものほうが分散した放射能の良くない影響を
より受けやすくなっていることが見て取れます。

下腹部の激しい痛みを主訴とした病気の代表格として、大腸の壁が飛び出る大腸憩室症、
尿管や膀胱などの尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、
子宮の病気など、様々な部位の病気が挙がるようです。

体脂肪の量(somatic fat volume)には変動が見られないのに、
体重だけが食物摂取や排尿等で一時的に増減するような時には、体重が増加したら体脂肪率は下がり、体重が減った人の体脂肪率が上がることがわかっています。

昨今、若い世代で咳が続く結核に対抗する免疫力を持たない人々が増えたことや、
早合点のせいで診断が遅れることが素因の集団・院内感染の発生頻度が高くなっています。

杉の木の花粉が飛散する期間に、お子さんたちが体温は異常ないのに頻繁にクシャミしたり
ずっと鼻水が止む気配をみせない症状に当てはまったら、その子は『スギ花粉症』
の可能性が高いかもしれません。

「肝機能の悪化」については、血液検査項目のGOTやGPT、
γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等の数値で分かりますが、最近では肝機能が悪くなっている人達が
明らかに増えているとの報告がありました。

自転車の転倒事故や建築現場での転落事故など、とても強い外力が体にかかった場合は、
複数の個所に骨折がもたらされてしまったり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、
ひいては内臓が負傷することもよくあります。

食事の際は、次に食べようと思った物を気軽に口へ入れたら何度か咀嚼して飲み下すだけに思われがちだが、
それから人体はまことに健気に機能し食物を人体に取り込む努力を続けているのだ。

老化が原因の耳の聞こえにくさにおいては段階を経て聴力が低下していきますが、
大体において60歳を超えてからでないと聴力の衰えをしっかりと自認できません。

音楽会やライブなどの開催場所やクラブハウスなどに設置された特別仕様の大型スピーカーの真横で
大音量を聞いて耳が聞こえにくくなることを「ロック外傷」と言うのです。

基礎代謝というのは人間が横臥位でじっとしていても必要なエネルギー量であり、
大部分を様々な筋肉・臓器の中で最も大きな肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類で消費している
というのが今や常識となっています。

大体は水虫といえば足を連想し、こと足の裏にできやすい病気として認知されていますが、
原因菌である白癬菌が感染する所は足だけということはなく、全身どこにでも感染するという恐れがあるので気を付けましょう。